【後悔はするな!】大学1年生のうちにやっておくべきこと

大学生

春から大学生という皆さん、大学を目指して勉強頑張っている皆さん

大学生になると自由な時間や出来ることが一気に増えます

そんな大学生活を楽しく過ごすためには大学1年生という期間がとても大切です

正直私は大学に入学して良いスタートダッシュを切れた人間ではなく、後悔していることがたくさんあります

だからこそまだ入学してない、又は入学して間もない人たちにはそんな私を参考にして後悔しないようにしてもらいたいのです

この記事を読むことで大学1年生はどう過ごせばいいのか、どれくらい大切な1年なのかがわかります

ぜひ最後まで読んで楽しいキャンパスライフをおくってください!

単位はしっかり取っておく

大学を卒業するには決められた単位数を取る必要があります

いくら頑張って勉強したからといったって単位が足りてないと意味がありません

大学は高校までと違って受ける講義の数を自分で決めることができます

あまり講義を受けたくなければ、受ける講義の数を減らせばよいのです

だからといって最初のうちに全く講義を取らず自由気ままに過ごしていると、後々地獄を見ることになります

友ヤン1
友ヤン1

単位が足りないから就活や研究に時間が取れない、、

友ヤン2
友ヤン2

1年生のうちにもっと単位を取っていれば余裕ができたのに

3,4年生になるとこのような人たちが少なからず出てきます

そうならないためにも1年生のうちに単位はたくさん取っておいたほうが得です

しかし講義を詰め込みすぎると単位を落としてしまったり、頭がいっぱいになってしまいます

1年生のうちに自分ができる範囲でなるべく多く講義を取っておくことをお勧めします

サークルまたは部活に入る

皆さんはこんなサークルに入ってみたい

サークルや部活に入ると様々なメリットがあります

  • 自分の趣味が楽しめる
  • 就職活動に活かすことができる
  • 出会いが増え友達や恋人ができる

などあると思いますが、一番重要なのが3つ目の出会いです

大学生になれば自然といろんな出会いがあると思っていませんか?

しかし実際は自分から行動しない限り出会いなんてほとんどありません

講義中に知らない人と仲良くなるなんてことはまずないといっていいですし

アルバイトもお金を稼ぐのが目的なので意外と職場の人と仲良くなれません

そんな大学生の貴重な出会いの場がサークルと部活動です

趣味が同じ人や同級生が集まるのですからすぐに仲良くなれます

この重要さは学年が上がると思い知らされますがそれでは正直遅いです

というのは、早めに入っておかないと入りづらくなるからです

例えば3年生になってからサークルに入ろうと思っても、既にコミュニティができていてそんな中に急に入り込んでいくのはかなり勇気がいります

さらに1年生のうちでも、4,5月に入るのと8,9月に入るのではかなり入りやすさが違ってきます

絶対に入るのは早ければ早いほうがいいです

しかしサークルや部活動に入っても、活動に参加しなかったら意味がありません

幽霊部員というものがあるように活動に参加しなければ忘れられてしまうのです

入りたいなとか興味が少しでもあるのであれば早めのうちにそのサークルや部活動に入り、積極的に活動に参加しておくことをお勧めします

自動車免許を取っておく

大学生になってほとんどの人は自動車免許を取ると思います

自動車免許を持っておくと車を運転するのにはもちろん必要ですが、身分証明にも使えます

自動車免許は顔写真住所が記載されているため、健康保険証などと違ってとても便利です

また履歴書などに免許を持っていることを記載できたり、免許を持っていないとできなバイトがあったりと意外と使用用途が多いのです

皆さんご存じだとは思いますが、免許取得には自動車学校なるものに通う必要があります

学校の合間などに通うとなると1~2か月ほどかかり、合宿免許だと2週間ほどで取得できます

もちろん自分の好きな方でよいのですが、私は入学してすぐに通って1~2か月ほどかけて取得するのが良いと思います

理由は、バイトと自動車学校の両立は厳しいので早めに免許を取得しておいたほうが良いからです

一回取ってしまえばあとはバイトと学校に集中で切るし、夏休みも存分に楽しめます

2年生以降に取るという人もたまにいますが、なるべく早めにとっておきましょう

長期休みは思いっきり遊ぶ

大学生の長期休みは高校までと違ってかなり長いです

大学によってその期間は異なりますが、夏休みと春休みは2か月ほどの場合が多いです

さらに1年生は就活やインターンを考える時期ではないので時間がたっぷりあります

だらだらと過ごすのもいいのですが、いっぱい遊んでおいたほうがいいです

長期間のアルバイトをするというのもいいと思います

リゾートバイトなんかは長期休みでないとできないし、一気に何十万と稼げます

とにかく今のうちに遊んでおかないと、3,4年生になったら就活などに追われて長期休みどころではなくなります

人生の夏休みといわれる大学生活ですが、1,2年生の長期休みが人生で最大の夏休みだと個人的に思います

また長期休みに思いっきり楽しむためには、その前までに友達を作るのがとても重要です

一人が好きといっても2か月も一人でいると絶対飽きるんです

私も一人が好きで、夏休みの最初は一人で楽しんでました

しかし、だんだん飽きてきて寂しくなってきました

この時期に友達の大切さを心から知ることができたんです

皆さんには、一人の時間も友達との時間も両方思い切り楽しめる長期休みにしてほしいです

なんでもいいから習慣づける

大学の4年間は自分を変えるとてもいい機会です

特に1年生は比較的暇なため何かを始めるにはもってこいの期間です

1年生のうちに何か一つでも習慣化できれば、4年間もあればかなり成長できます

友ヤン1
友ヤン1

就活のため、将来のために毎日新聞を読む習慣をつけよう

友ヤン2
友ヤン2

運動する機会が減るから毎日走る習慣をつけておこう

人それぞれ様々な習慣があると思います

何かを続けるということは簡単なようでとても難しいことです

しかし時間や心に余裕がある今だからこそ、習慣づけをを始めるべきです

コツコツやっていればどんなに小さなことでも山になります

正直私はそういうのはやってこなかった人間です

今になって筋トレという習慣がついたのですが、それは大学3年生の終わりになってからのことです

もし1年生から習慣化していれば今とはかなり違っていたでしょう

しかし時間は戻すことはできないので嘆いていても無駄なんです

あとで後悔してほしくないので、1年生という貴重な時期になんでもいいから習慣化してください

まとめ

大学生活は人生の中でもとても重要な期間です

特に1年生の時に何をやるかでその後がかなり変わってくると私は思います

この記事を読んだ大学1年生や大学受験予定の高校生はぜひ参考にしてもらいたいと思います

何をするにも自分次第です、後悔だけはしないでください

コメント

タイトルとURLをコピーしました